社債は会社としては負債、反対側は投資出資型です。

社債は会社としては負債、反対側は投資出資型です。

社債は会社としては負債、反対側は投資出資型です。 会社が資金を集めるとき、よく利用する手段として、株式など第三者割当株式を発行し資本金の原資に組み入れることがよくあります。同時に社債を発行して資金を集める方法もあります。配当金は、株主配当ならば配当性向を鑑みて、株主総会などで最終的に議決されます。社債は会社の決算書では負債項目ですから、一定期間に償還し利息を支払わなければなりません。

株式は投資とよくいわれていますが、社債も投資といっても過言ではありません。しかし内容と性質が異なりますから株式と社債は区別されています。社債発行差金という科目が会計にはよくありますが、繰り延べ資産として償却することが義務付けられており、新株発行費とよく混同されがちにもなっています。社債で集めた会社側は負債ですから、必ず償還する義務を背負います。株式投資は危険が伴いがちと考えられる投資家から資金を集めるとき、よく有名な企業などは社債を募集する場合があります。

転換社債と言って、あとで株式転換できる社債に切り替えることができるからです。そのようなとき、社債は株式に化けてしまうことができるため、社債は使い勝手が高いです。株式市場の投資家だけを相手にすれば、一時は活況を呈してもあとでどうなるかわからない経済事情もあります。投機をあまり回避したいなら、その会社に愛着心を持つ社債購入者を集めて資金を確保しようとすることはあります。

Copyright (C)2014社債は会社としては負債、反対側は投資出資型です。.All rights reserved.